読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脚やせCollege

脚やせのための方法をエクササイズやストレッチ、マッサージなど詳しくご紹介!セルフで美脚を目指そう。

脚やせには太もものストレッチも大切!

ストレッチ

すらりとした美脚を手に入れるためには、太もものストレッチが効果的です。普段はあまり露出することがない太ももですが、この部分にはたくさんの筋肉や組織が集中しているため、ストレッチで刺激をすることによって体質を変えていくことができるでしょう。

 

今回はおすすめの太ももストレッチの方法を紹介します。

脚やせには太もものストレッチも大切!

太ももには上半身よりも大きな筋肉が詰まっているため、過度な運動をしてしまうと必要以上の筋肉がついてしまい、かえって脚を太くしてしまう可能性があります。筋力トレーニングも同様です。

 

そこでおすすめしたいのが太ももをしっかりとほぐす事ができるストレッチです。ストレッチはほどよく太ももの筋肉を刺激するため、血行を改善しむくみを解消することができます。運動で凝り固まってしまった筋肉もストレッチをおこなうことで、筋肉があるべき場所に流れ、すっきりした太ももを手に入れることができるでしょう。

 

ストレッチは太もも部分をおこなうだけでも、全身の血流がよくなるため脚全体をスッキリさせることができるようになります。

 

脚の筋肉が硬いと太くなってしまう?

太ももは筋肉量が多いため長時間の運動をすると筋肉が硬くなってしまいます。また、そのまま放置しておくとずっと硬さを保ったままになってしまいます。

 

運動疲れで硬くなってしまった筋肉も、ストレッチをすることでほどよくほぐすことができるでしょう。

 

 運動後は面倒臭がらずに、必ずストレッチをおこない筋肉をほぐすように心がけましょう。

太もも裏面(ハムストリング)の図解

f:id:bi-wise:20161202132630p:plain

ハムストリングとは、大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋の総称を指します。

膝から下を引き上げる動作をおこなうためには、ハムストリングを収縮させなければなりません。

足を後ろに振り出すために必要であり、歩行や走るといった動作には欠かせない筋肉と言えます。

太もも裏面(ハムストリング)に効果的なストレッチ

ハムストリングは身体の中でも特に大きな筋肉の塊であるため、筋トレ等で鍛えることにより普段の生活での消費カロリーを増やすことが可能になります。さらに、筋トレを実践することで、しこりのないしなやかな太ももをつくることができます。この筋トレはトレーニングというよりもストレッチに近いため、身体をのびのびと動かすことができます。疲れがたまっているときのリフレッシュ方法としても特におすすめですよ。

 

f:id:bi-wise:20161202152639p:plain

<ハムストリングスの筋力トレーニング>

  1. 床に座って両脚を開く。
  2. 片脚のかかとを内側に曲げて太ももの付け根に近づけていく。
  3. その姿勢を保ったままで上体を伸ばした方の脚へと倒していく。
  4. そのまま10秒姿勢をキープする。終わったら脚を変えて同じことをする。
  5. ここまでを1セットとし、合計3セット行う。

ハムストリングスの柔軟性を高めるストレッチ

f:id:bi-wise:20161202134628p:plain

<ハムストリングスの柔軟性を高めるストレッチ>

  1. 床に片膝を立てて、腰は下ろす。
  2. 両手を床につけたら、上体を前方へと倒していく。
  3. お尻を後ろに引いて、床と平行になるようにする。
  4. 前脚のつま先を天井に向けて、さらにお尻を後ろに引く。
  5. 4の姿勢を10秒キープしたら反対の脚で行う。

 

体が硬い方のハムストリングスの伸ばし方

youtu.be

28分とかなり長めな動画ですが、ハムストリングスの伸ばし方がよくわかります。運動が苦手、身体が硬いという方もゆっくりと身体をほぐしていくことができるでしょう。無理のないストレッチなので、ストレスを感じることなく続けていけそうですね。

 

ハムストリングストレッチング

youtu.be

1.直立して片脚を大きく前に出し、前の膝を曲げる。

2.後ろ足の膝から下を床につける。

3.上体を前に倒しておしりを引く。

4.前脚のつま先を立ててさらにおしりを引き10秒間キープする。

5.ここまでの動きを左右両方で5回繰り返す。

 

太もも前面(大腿四頭筋)に効果的なストレッチ

 大腿四頭筋とは大腿直筋、中間広筋、外側広筋、内側広筋の4つの筋肉の総称です。

大腿四頭筋には膝関節を伸ばす役割があり、歩いたり、走ったりといった動作に作用します。

大腿四頭筋に効く立位ストレッチ

f:id:bi-wise:20161202151807p:plain

大腿四頭筋に効果的な体位ストレッチです。体育の授業で準備運動としてやったことがあるという人も多いのではないのでしょうか。

片脚立ちをしたら片手であげた脚を掴んで曲げます。背筋はピンと張ったままにしましょう。

 

太もも前面・股関節のストレッチ

youtu.be

 

<太もも前面・股関節のストレッチ>

  1. 床に座って片脚は前に伸ばし、片脚は後方に曲げる。
  2. 両手を後ろについて、背中を後方にまっすぐ伸ばしていく。
  3. 2の姿勢を2030秒間キープする。
  4. 寝たまま片脚を両腕で抱え、脚をゆっくりと胸に近づけていく。
  5. 限界まできたら、そのまま2030秒間キープする。
  6. 胡坐をかいて座り、足の裏を合わせる。手で足を掴んで背筋は伸ばす。
  7. 6の姿勢を2030秒間キープする。
  8. 立ち上がり、膝を手で押さえて腰を落としていく。
  9. 限界まできたら、そのまま2030秒間キープする。

 

太もも前面に効果的なストレッチ

youtu.be

  1. 床に座って左脚で半胡坐をかく。右脚は曲げて右手で掴み、肘をかける。
  2. 左のお尻は床にしっかりとつけて右のお尻は浮かす。この姿勢で右手を身体の方に引き寄せ、身体は前方に伸ばしていく。このとき左手は真っすぐ前方に伸ばす。
  3. 伸ばしきったら、左手を床につけ、頭を置く。
  4. 上体を起こして腹式呼吸をする。
  5. 脚を交代して同じことを行う。

 

まとめに

太もものストレッチを行うことは脚やせだけではなく、さまざまなメリットがあることがわかりましたね。運動しているのになかなか痩せないという人もストレッチで美脚を手に入れることができるのかもしれませんよ。ほどよく身体を動かすストレッチは気分転換にもぴったり。早速今日から始めてみましょう。